消費者金融と聞いて思い浮かべることは、法外な金利やヤクザによる取立てなどの危ないイメージです。恐らく誰しもが思うことでしょう。テレビドラマや有名人の再現VTRでよく見かけるシーンです。
然し、イメージと実際とは違うものなのだなと思ったことがあります。それは、私の父親が実際に消費者金融から融資を受けることになってしまったときです。
私の父親は、自分の親を悪く言うのもなんですがバーの店員のフィリピン女性に多額のお金をつぎ込んでしまい首が回らなくなってしまうという愚か者でした。最初は自分の給料を前借りするところから始まり、貯金を切り崩してまで貢ぎだし…最後には借金に走るというどこにでもあるような話です。これが私たち家族がまったく気づかないところで行われたというのですから、事実を知ったときにはショックというか唖然としてしまい何もいえませんでした。
ここで、消費者金融という言葉が出てきます。私は、取立てがあるのでは?ヤクザから電話が来たり、家に乗り込んでこられるのでは…と、とても不安に思ったものです。ですが消費者金融とは一般的に、「消費者に対して直接お金を融資する」ところだそうで、銀行やクレジット会社が当てはまるそうです。

今すぐお金を借りることができるのは消費者金融となるので、そういった面ではすぐにお金を作る必要がある人にとっては必要な存在なのかもしれませんね・・・

ちなみにすぐに借りることのできる消費者金融はこういったところがあります⇒今すぐお金を借りる
実際に父親が融資を受けたところは街の銀行で、当然違法な取立てがあるわけでもなく金利も法律で決められている範囲内でした。だからといってホイホイ借りていいかどうかは別の話ですが、とにかく私の持っていた怖いイメージというのは払拭されたわけです。
銀行から融資を受けなければならなくなったとき、父の母、つまり私の祖母は年を取って曲がってしまった腰をさらに曲げて頭を下げ「よろしくお願いします」と言ったそうです。今では祖母も亡くなり、さぞかし父親も反省しているだろうと思いきや…別の銀行から私の名義でお金を借りようとしていたことが判明してさらに大騒ぎに…。たとえヤクザや怖いお兄さんが出てこなくとも、消費者金融からお金を借りるということは多重債務に陥りやすくなるということは変わりないことです。イメージとは少し離れてしまいましたが、このような体験があるゆえに、私は絶対に消費者金融を利用しないと心に決めております。

 

そんな時って結構ありますよね。とにかくお金がなくて困る。生活費がない・家賃が払えない・ご飯が食べれない・携帯代が払えない、などなど、お金がなかったら本当に大変。

そういえば、「お金がない!」って言うと、織田裕二さんが出演していたテレビドラマを思い出しますね。
確かもう20年ぐらい前でしたね。あの時は私もまだ中学生だったかな?懐かしいな。

そこでちょっと、テレビドラマ「お金がない!」を振り返ってみようっと。

織田裕二さん演じる萩原健太郎は、亡き親が残した多額の借金を抱えてメチャメチャ貧乏な生活を送っていました。しかも幼い二人の弟の面倒まで見ないといけない。

そして、勤めていた町工場が倒産して、職を失い、住む家まで無くなる。まさに最悪の状況からのスタート。

それから、貧乏生活を脱するために一流企業で活躍して仕事を成功させていくサクセスストーリーなっていましたね。

この時の、弟役をしていた2人がメチャメチャ可愛かったのを覚えています。
確かV6のイノッチこと井ノ原快彦さんも出ていましたよね。

とにかく痛快で、あの頃のドラマは本当に面白かったですよね。まさに喜怒哀楽が激しかったドラマですよね。内容はベタな感じもしたけど、何故か見入ってしまうんですよね。

織田裕二の凄さですね。

最後、萩原健太郎は仕事で成功してお金持ちになるんですが、結局今まで通りの貧乏生活に戻って終わりました。人生お金がすべてじゃない、って事を伝えたかったんでしょう。

やっぱりドラマだな、って感じの終わり方ですね。人生お金がすべてじゃないって事は分かるんですが、やっぱりお金は大事ですからね。

現実は、お金があるに越した事はありません。お金がないが放映されてから約20年。私は今2児のママになっているんですが、やっぱりお金がなくて困る事が多々あります。

さすがに、ドラマまでの貧乏ではないですが、月によっては家賃の支払いが厳しい・・・なんて時もありますよ。
滞納するわけにはいかないので、どうにかしてお金を工面するようにしています。

子供が二人いますからね。追い出されるわけにはいきませんもんね。

リアルお金がないです。⇒お金がない 主婦

ドラマみたいなサクセスストーリーになったらいいんですが、なかなかそう上手くはいかないですよね。一度でいいから、お金が有り余るような大金もちになってみたいです。

三人の子供の教育費は想像を絶する金額でした。長女は私立女子高から私立大学へ、長男は私立大学から一浪を経て国立大学へ、そして次男は私立高校から国立大学へと進学しました。それぞれが一流ではありませんがそれなりの大学まで進むことができました。しかしいくら国立大学でも昔の国立大学の授業料とは大違いです。私立との授業料の格差が小さくなってきたので、感覚的には私立大学と大差はありません。
三人の子供が高校や大学へと進学する頃、私は自営業を営んでいました。教育関係の仕事ですが、少子化や大企業の進出などで決して順調な経営ではありませんでした。そこで自営業は人に任せて、私は別の小さな広告代理店へ就職しすることにしました。その就職先では順調に部長にまで昇進することができたのですが、ある時から営業成績が悪化し、とうとうその会社を去ることになりました。当時は教育費を補うためにたくさんの金融会社から学費ローン(http://xn--hekm0a9950bftzc.com/)としてお金を借りていました。学費ローンの返済で先は真っ暗・・・会社を辞めてしまえばしばらくは失業保険だけです。おまけに中高年の就職は難しい状況でした。もう借金を返済していく自信がなくなり、弁護士に相談することにしました。
当時は過払い金の請求などの選択肢はなく、弁護士の勧めは自己破産でした。恥ではありますが、それが当時のベストの選択肢と考え自己破産することを決めたのです。近所の市会議員には知られてしまったようで恥ずかしい限りですが、後悔はしていません。
その後働き始めた職場でも借金に関する話題が出てくることはよくあります。しかしこのことだけは口が裂けても言うことはできません。今は過払い金の請求などで借金が軽くなることもあります。しかしブラックリストには登録されることが多いようです。ブラックリストという言葉は人生の経験からあまり聞きたくない言葉です。

 

保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲンおよびエラスチンからできたネットワークを充填するように分布し、水分を保持する効果により、みずみずしく潤ったピンとハリのある肌へ導くのです。
ヒアルロン酸とはもとより人の体の中のあらゆる箇所に分布する、ネバネバとした粘性のある液体を指し示しており、生化学的に述べるとムコ多糖類の一成分だと言うことができます。
「美容液は高価な贅沢品だから少量しか使う気にならない」と言う方もいるのですが、肌に栄養を与えるための美容液をケチって少ししか使わないなら、初めから化粧品そのものを買わないことにした方が、その人のために良い選択とさえ思うのです。
美容成分としての効果を用途として使用されるヒアルロン酸は、高い保湿効果を基本的な概念とした基礎化粧品や美容サプリメントに有効に活用されたり、危険性が少ないことからヒアルロン酸注入という美容治療としてもよく用いられています。
身体の中の各部位において、絶え間なく古くなったコラーゲンの分解と重要な酵素による新たな合成が行われ新しいものにチェンジされています。年を重ねていくと、ここで維持されていたバランスが失われることとなり、分解される量の方が増大します。

 

化粧品についての様々な情報が溢れているこのご時世、本当の意味で貴方の肌に合った化粧品を見つけ出すのは案外難しいものです。はじめにトライアルセットで確認をしてみることが一番です。
使った経験のない化粧品は、あなた自身の肌に問題を引き起こさないのか不安だと思います。そういった時にトライアルセットを利用するのは、肌に抜群のスキンケア化粧品などを見つけ出す方法として最適なものだと思います。
セラミドを食べるものやサプリなどの内部からと、美肌用の化粧品などの外部から取り込むということにより、無駄なく理想的な肌へと導くということができるであろうとみなされているのです。
最近注目されているプラセンタが化粧品や美容サプリなどに配合されていることは周知の事実で、元気な細胞を新たに作り、新陳代謝を促進する効果のお蔭で、美容面と健康面に抜群の効能を発揮しています。
コラーゲンが不足状態になると肌表面は肌荒れが誘発されたり、血管の内皮細胞が剥離して出血につながるケースも度々見られます。健康な生活を送るためにはなければならない物質なのです。

 

プラセンタという単語は英語で哺乳類が持つ胎盤を示しています。化粧品やサプリメントでこのところよくプラセンタ添加など目に入ることがありますが、このプラセンタとは胎盤という器官そのもののことをいう訳ではないので心配する必要はありません。
コラーゲンを豊富に含むタンパク質系の食品をどんどん食べ、それが効いて、細胞同士が更に強く結びついて、保水することが叶えば、つややかで弾力のある美肌を手に入れられるのではないでしょうか。
女の人は普通毎日のお手入れの時に化粧水をどんな方法で使用しているのでしょうか?「手を使って直接肌につける」と言った方がとても多いという調査結果が得られ、「コットン使用派」はあまりいないことがわかりました。
美白化粧品を使用すると肌が乾燥しやすいとの傾向があると言われていますが、今どきは、保湿力がアップした美白用スキンケアもあるので、乾燥を危惧されている人はとりあえず使用してみる値打ちはあるのではないかと考えます。
美容液というものは、美白とか保湿などの肌に有効に働きかける美容成分が高濃度となるように入れられているから、通常の基礎化粧品類と照らし合わせてみると相場もいくらか割高になるはずです。

お肌のケアはこのようにしているのですが、もうひとつの悩みが脇が臭いことなのです。脇が臭いのを治したくて、脇が臭い時の対策を探しているとちょっと気になる商品を見つけたのでこの夏使ってみようと思っています。

私がお店で買い取ってもらったものを書いていきたいと思います。
私がお店で買い取ってもらったものはレディースファッション、子供がいるので子供服、子供のおもちゃ、靴、CDや本などなどを買い取ってもらったことがあります。
私はまず洋服はきれなくなったもの、子供は服のサイズなどがすぐ変わったりしてしまうので変わるのをまっていっぱい集まるまで待ってから私は売りに行くことにしています。

貴金属なんかももう使わなくてしまってあるようなものは買取業者にお願いすることもあります。最近ではディオールのネックレスを買取ってもらいました。ネットで買い取ってくれるところをたまたま見つけたのでそちらで・・・参考にどうぞ→ディオール買取
本は、一時期私は漫画が大好きでいっぱい買っていた時期があります
今は子供がいるので漫画も読まなくなったので捨てるのももったいないと思い売りにいくことにしました。
洋服も買ってきて着ない服、買っても使わなかったベビー用品、日用品などなどをもっていきます。
結構な数が集まってもっていくと全部買い取ってもらえるときもあれば全然買い取ってもらえないときもあります。
大体わたしがこと経験して買い取ってもらえたのは綺麗なもの、新品タグ付きのもの、ブランドや人気があるものその季節のものなどが売れます。
私が経験して売れないものは汚かったり、アイロンがけしてなかったもの、季節はずれな服は売れなかったりしました。
でもその季節になれば売れるようになることもあります。
私は買い取ってもらったお金でちょっとしたお小遣いや生活費にあてたりあとは貯金などをしています。
私も最初はあんまり売れないんじゃないか、お金にもならないんじゃないかって思っていましたが、全然そんなことはなく結構売れたりしました。
だから初めての人とかも安心して売りにいって買い取ってもらえると思います。
最近は売りにいってないんですけど、また売りたいものが集まったら売りにいきたいと思います。

捨てるとゴミになっちゃうけど、買い取ってもらうと少額にしてもお金に変わりますからね。そう考えると、お金を捨てているようなものだと思って何でもかんでも売りにいっちゃいます(笑)

今日はクッキーを焼きました。お店で買うのもいいけれど節約とちょっとしたヘルシーさでお菓子はだいたい手作りしています。いつも作りすぎるのでママ友におすそ分け♪♪

手作りおかし

 

 

 

私は以前、どうしても生活費に困って本・漫画・CD等を売って補った事があります。

光熱費や携帯代を支払ったら食費が0、月末にはお給料が入るからその日までに何とかもてば、と食費に当てるためにこれらを売ったのです。

しかし今まで書籍等を売ってきて、高値がついてもせいぜい50円、ハードカバーの本でも20~30円にしかならないので大して期待はしていませんでした。

実際に売ったのはCD・漫画をそれぞれ20点ずつ。運が良ければ500円はいくかもしれない、そう思って待つこと20分、買取金額を聞いたところ何とびっくり全部で1800円分もの値段が付いていました。

何がこんなに?と思って明細を見てみると、ずっと昔に買った洋楽アルバム1点400円の値段が付いていました。ネットで調べてみると今では販売されていないようで、そのためこの値段が付いたのかもしれません。

また、CD類も大半が50円で買い取られていたのでこれも大きな要因でした。
たったの1800円かもしれませんが、一人暮らしなら何とか半月の食費はまかなえるので大助かり。

何にどんな価値が付くか分からないと思いました。