そんな時って結構ありますよね。とにかくお金がなくて困る。生活費がない・家賃が払えない・ご飯が食べれない・携帯代が払えない、などなど、お金がなかったら本当に大変。

そういえば、「お金がない!」って言うと、織田裕二さんが出演していたテレビドラマを思い出しますね。
確かもう20年ぐらい前でしたね。あの時は私もまだ中学生だったかな?懐かしいな。

そこでちょっと、テレビドラマ「お金がない!」を振り返ってみようっと。

織田裕二さん演じる萩原健太郎は、亡き親が残した多額の借金を抱えてメチャメチャ貧乏な生活を送っていました。しかも幼い二人の弟の面倒まで見ないといけない。

そして、勤めていた町工場が倒産して、職を失い、住む家まで無くなる。まさに最悪の状況からのスタート。

それから、貧乏生活を脱するために一流企業で活躍して仕事を成功させていくサクセスストーリーなっていましたね。

この時の、弟役をしていた2人がメチャメチャ可愛かったのを覚えています。
確かV6のイノッチこと井ノ原快彦さんも出ていましたよね。

とにかく痛快で、あの頃のドラマは本当に面白かったですよね。まさに喜怒哀楽が激しかったドラマですよね。内容はベタな感じもしたけど、何故か見入ってしまうんですよね。

織田裕二の凄さですね。

最後、萩原健太郎は仕事で成功してお金持ちになるんですが、結局今まで通りの貧乏生活に戻って終わりました。人生お金がすべてじゃない、って事を伝えたかったんでしょう。

やっぱりドラマだな、って感じの終わり方ですね。人生お金がすべてじゃないって事は分かるんですが、やっぱりお金は大事ですからね。

現実は、お金があるに越した事はありません。お金がないが放映されてから約20年。私は今2児のママになっているんですが、やっぱりお金がなくて困る事が多々あります。

さすがに、ドラマまでの貧乏ではないですが、月によっては家賃の支払いが厳しい・・・なんて時もありますよ。
滞納するわけにはいかないので、どうにかしてお金を工面するようにしています。

子供が二人いますからね。追い出されるわけにはいきませんもんね。

リアルお金がないです。⇒お金がない 主婦

ドラマみたいなサクセスストーリーになったらいいんですが、なかなかそう上手くはいかないですよね。一度でいいから、お金が有り余るような大金もちになってみたいです。

Leave a Reply